Bonito (12).jpg

ボニート

多様な動物相、透明な水の川、植物の緑とコントラストする色鮮やかの魚類を誇るボニートは正に本当の楽園。

マト・グロッソ・ド・スル州のボニートはブラジルのエコツーリズム・冒険観光の主なデスティネーションの一つです。ラフティング・天然の池での浮遊体験・キャノピーツアー・洞窟や滝へのハイキング・バードウォッチング・透明な水のダイビングなど、豊富なアトラクションが揃っています。多くの自然との触れ合いを楽しむ活動が提供されています。

ボニートの主なアトラクションの一つはグルタ・ド・ラゴ・アズール(青池の洞窟)で青く染まった透明な水の池がある洞窟です。数百年に渡り自然にできた鍾乳石・石筍・石柱が何十本もあり、息をのむような風景です。

もう一つの感動的な活動は川での浮遊水泳体験です。スクリ川・プラタ川・ラゴアミステリオサ・天然水族館などでも楽しめる活動です。ボニートの川の水が透明であるため、どこへ行っても動植物観察をしながら満喫できる素晴らしい体験です。

Bonito (11).jpg

アビズモ・アニューマスの洞窟も見逃せないアトラクションの一つです。洞窟の入り口から約70メートルの懸垂下降が楽しめます。安全確保のため、特殊訓練を受けたインストラクター・助手の指示のもとで下降が行われます。下降が終わった地点で透明な水の上にフローティング・デッキが設置されています。

キャノピーツアーが大好きな方にはボニートで提供するスポットが多くあり、現地の植物相に囲まれ、緑との接触をするユニークな体験ができます。動物多様性も豊富で、鳥類・魚類・その他の動物の観察を豊かな経験になります。

バードウォッチングをしたい方にはボニート市の近くに見逃せないアトラクションがあります。それがブラコ・ダス・アララス(インコの洞窟)と言って、ベニコンゴウインコを含め多様の鳥が訪れる洞窟です。その洞窟の名の由来はベニコンゴウインコが多く生息地として利用していることにあり、その特徴でまさに楽園のようなスポットです。

事前に旅行・活動の予約を取ることが重要です。ボニートの多くのアトラクションには受け入れ人数が限定され、ガイドの同行が義務付けられているため、予約によって日程の決まった安全な観光を確保できます。

ボニートはポルトガル語で「美しい」という意味があり、その名の通り、忘れられない美しく素晴らしい観光地です。


出発する前に必ず観光地の営業再開プロトコルについて確認し、安全な旅をしてください。

マト・グロッソ・ド・スル州観光機構
www.turismo.ms.gov.br

+55 (67) 3318-7600

viaje pelo pais da natureza.png